並列配置

[←内装の応用知識 メニューへ戻る]

同じマスにたくさん物を積んだ時は、上の物が優先されて表示されます。
では、同じ高さに複数のアイテムを置いたらどうなるのでしょうか?



(以下は、動画と同じ内容です。)



並列配置と表示のしくみ


内装をしている時、机の上に飾り付けをしたり、凝ったオブジェを作ったりすると、
同じマスの同じ高さに、幾つもの物をロックダウンする事があります。

それを「並列配置」といいます。

具体的に並列配置をやってみましょう。

heiretu-01.png 机の上にリンゴを置いてロックダウンします。
机の上面を基準にすると、1段目にリンゴがある状態です。
heiretu-02.png その上にお皿をのせます。
ロックダウンして1段下げます。
リンゴと同じ高さに、皿が配置されました。
heiretu-03.png 同様にマフィンをのせます。
ロックダウンして1段下げます。
これで同じ高さに、リンゴ・皿・マフィンが配置されました。
つまりこの状態が、リンゴ・皿・マフィンを
「並列配置」したという事になります。
heiretu-04.png ラマなどの騎乗動物に乗り降りしてみましょう。
ラマから降りた瞬間に、皿の上のマフィンがリンゴに変わるはずです。
リンゴをロックダウン解除し取り外し、皿も同様に取り外します。
最後にマフィンが出て来ました。

設置した順を考えると、マフィン・皿・リンゴの順になる気がします。どうして違うのでしょうか?

同じ高さにあるアイテムの表示順は、
「新しく配置されたアイテムは、最も奥側に表示される」
というのが基本になります。上のリンゴ・皿・マフィンを例にとってみましょう。

heiretu-01.png リンゴだけの状態です。
heiretu-02.png 皿が設置されました。皿の方が新しく配置されたので、表示順は
【表側:リンゴ→皿:奥側】となります。
※作業中の見え方とは異なります。
詳しくは下の「画面のリフレッシュ」を読んで下さい。
heiretu-03.png マフィンが設置されました。マフィンが一番新しいので、表示順は
【表側:リンゴ→皿→マフィン:奥側】となります。

これが「並列配置」における、表示の基本ルールとなります。


画面のリフレッシュ


ところで、何故ラマに乗ると表示が変わるのでしょうか?

マフィンは、ラマに乗るまで見えていました。これは、内装ツールで動かしていたからです。
皿を設置した時も、見えていたのは皿です。正しい表示順は【表側:リンゴ→皿:奥側】のはずなのに。
これも皿を内装ツールで動かしていたからです。
また、同じ段にロックダウンされている物を引っ張ると、表へ出てくる事があります。
これもその物を動かしたので、前に出て来た訳です。

これらは全てその時限りの表示順であって、ずっとその状態になる訳ではありません。

サーバーに記録された順は、配置した時点で決定します。つまり、本当の順番と見た目が異なっているのです。
それを正しく表示させる為に、ラマなどの騎乗動物に乗り降りします。(正確には降りる時のみ)

これを「画面のリフレッシュ」と言います。
他にも、リコールをする、テレポーターに乗るなどの事で、画面のリフレッシュを行えます。

上記の皿を設置した後、画面のリフレッシュを行うと、正しい表示順である
【表側:リンゴ→皿:奥側】の順番で見えるはずです。確認してみて下さい。


サーバーメンテの影響


その時はちゃんとオブジェが出来ていたのに、翌日になったらおかしくなっている、という事もあります。
これはメンテナンスを挟むと、サーバーに記録された表示順がひっくり返るからです。

つまり、同じ高さに配置する時は、表示順がひっくり返ってもいいようにしなければなりません。
皿とマフィンなら、「マフィン-皿-マフィン」と配置すればいい訳です。これで、常にマフィンが皿に乗った状態になります。
また、「マフィン-皿-リンゴ」と配置すると、マフィンとリンゴを日替わりで表示する事が出来ます。

もっと複雑な事をしようと思うと、同じ高さに5つ、さらには7つ、と沢山のアイテムをロックダウンする事もあります。
そんな時は「箱壊し技」を使うと便利です。



  1. UOにおける高さとは
  2. 内装アイテムの入手先
  3. 物を置くコツ
  4. 物が落ちる原理
  5. 灯りについて
  6. アイテムを染めるには ※より詳しい解説は → アイテムの着色について
  7. アドオンを染めるには
  8. フォージとアンビルの位置関係
  9. 並列配置
  10. 特殊アイテムとは
  11. 特殊並列
  12. ゴザと絨毯

  • 最終更新:2014-11-15 10:15:19

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード